これが中古車のいいところ

1月 16th, 2014

新車とは違う、中古車のいいところは、やはり少ない資金で車を手に入れることが出来るの一言に尽きるだろう。
人気のある車も、そうでないものも、外車であっても、確実に新車よりも安く手に入れることが出来る。

特に、あまり人気のない車種は、お買い得と呼べる金額まで下がっていることがほとんどだ。
どんな車であっても、新車の場合、値引きはされにくい。
中古車の場合は販売店も売り切ってしまわないといけないため、大幅な値引きがされることがあるためだ。
とりあえず、車であれば特に車種は気にしないというのであれば損は無い。

また、購入時にあまりお金をかけないため、簡単に買い換えることもできる。
子どもの成長や家族の人数に合わせた車を希望する場合は、新車ではよくよく考えて購入するところ、
中古車であればその時々に対応する車に乗ることが出来るし、手放す時も中古だからと踏ん切りが付きやすいだろう。

たくさんのメーカーの車に乗ってみたいという人にもオススメだ。
最終的な愛車を決めるための手段として、安く手に入る車で試してみるといいだろう。

中古車のよいところ

中古車を買って後悔しないために

12月 26th, 2013

試乗しよう中古車といえど、動かなければ車として意味はない。
買って後悔しないために、必ず試乗してみるのがオススメだ。

新車を売る販売店でも試乗ができることが、一番の売りにしているところがあるぐらいだから、
道路での試乗できることは特別なサービスの一環として位置づけられている。
中古車の場合、試乗はおろか、動かすなんて以ての外という販売店は少なくないだろう。

それでも、計器はちゃんと動くかを確認していなければ、買ってすぐ愛車は整備工場へ、ということになりかねない。
エンジンをかけさせて貰い、とりあえずボタン類が全て動くかぐらいは確認させて貰おう。
車についての知識が無い場合は、エンジン音などを販売員と一緒に確認するのもいいだろう。

運転席の座り心地も大切だ。ストレスなく運転できるかは人それぞれで、いくら人にいいと言われても、
いくら有名な車であっても、全ての人が最高の乗り心地であることはまずない。
もし、ファミリーカーとしての購入を希望するのならば、面倒がらず家族にも試乗して貰おう。
いざ買って、「こんなの嫌だ」と言われてしまうと、この先ずっと不評のまま車に乗るはめになってしまう。

試乗しよう

中古車を買うための諸経費

11月 14th, 2013

車を購入する時に様々な手続きや雑多な契約金が必要になるのは、新車も中古車も変わらない。
車庫を持っていなければ車自体手に入れることは出来ないし、自動車税やら自賠責保険やら、
車を運転する上での様々な経費が購入時に上乗せされるのが一般的だ。
その上で、購入費やそれにかかる消費税、車の名義を書き換えるための登録費用、整備費などがある。
表示されている金額だけで車を買うことは出来ないことを知っておこう。

中古車と新車との一番の違いは、値引き交渉が意外にしやすいということだろう。
新車では元々の値段から中々下げて貰うことは難しく、オプションで付いてくるものを削って、値段交渉をする場合が多い。
中古車の場合は、買取りや下取りなど仕入れ価格が比較的低いものならば、いくらでも値段交渉の余地がある。

それでも中々買い手の思うように値段を下げてもらえないのは、どんな商売でも同じ。
希望価格を言うだけはタダ。気軽に販売員に値段が下げられないかを聞いてみてもいいだろう。
値切り交渉は販売員との信頼関係上に成り立つことが多いので、あまり無理は禁物だ。
値切り交渉

中古車を買う時の注意事項

10月 30th, 2013

車のへこみなどには注意!中古車を購入する際には、もちろん注意すべき点というものがある。

まずは、ボディの確認ですが、サビは浮いていないか、へこみや傷はないかという外見的なものだけでなく、
きちんと全てのドア類がきちんと開くか、開閉時に変な音がしないかという細かなところも見るべきである。
もっと細かく言えば、窓などガラス周りのゴムの劣化も見ておくべきだろう。
ガラス周りに関しては雨に遭ってみなければ、雨漏りなどの不備に気付きにくい。

表示されている情報だけで判断するのは危険だ。
少ない走行距離だからといって、タイヤをはじめとした足回りや、エンジンなどの動力が動く状態でなければ、
安く買ったとしても整備に余計にお金がかかることになってしまう。
整備がいつ行われるかは、表示されている情報に書かれていることが多い。
既に整備しているのか、買ってから整備しなければならないかを必ず確認しよう。

どんなに信頼できる販売店であっても、口約束はせず、一筆書いて貰うようにする。
表示している中古車の情報を携帯のカメラにでも収めておくといいだろう。後で揉めることは少なくなる。

中古車を選ぶ前に販売店を選ぶ

10月 15th, 2013

今も昔も中古車は専門の業者が頻繁に売り買いをしている。
インターネットが発達し、手軽に車の情報を手に入れることができるようになったとはいえ、
最終的には現物を自分の目で確かめて決めなければ、泣きを見ることもある。

中古車といえど、車はどうしても高い買い物になる。
後悔しない買い物をするためにも、信頼できる販売店を探すことに手を抜いてはいけない。
自動車公正取引議会で提示する車の情報が厳格に決められているとはいえ、
どこまで情報を出すかは販売店に一任されているところもある。

信頼の置ける販売店とは、やはり対応が丁寧で、車の欠点まで教えてくれるようなところがいいだろう。
怖いと感じる人がいる店には近づかず、いいと思った車があっても避けてしまう方が後々にも安心だ。

販売員の態度や雰囲気だけでなく、展示場やその周辺、トイレなどの設備を見るだけでも、
販売店を決める基準として有効だ。
安心できる販売店は、展示場が整理され、その他の設備も整っていることが多い。
何より、きちんとしているということは、それだけでも安心感を感じさせる。

中古車販売店

色で選ぶことができる中古車の醍醐味

10月 4th, 2013

中古車を買う上で面白いことは、色によって値段が大幅に変わるということだろう。
無難な色ほど需要があり、変わった色は買い手がつきにくいということだ。

道路を走る車を見ると、実に様々な色があるのに気付くだろう。
その車種オリジナルの特殊な色というものもある。メタリックにするか、ビビットにするかで、
車の印象も大きく変わるから不思議だ。
色で車を選ぶことができるのも、中古車を買う時の醍醐味の一つだ。

色は大抵新車を購入する時に買い手によって決められる。
買い手の希望によって塗装が施されるから、この色は何台という風に数が決まっているわけでもない。
そのため、中古の市場を見ると、想像していたよりも多彩な色であふれることになる。

中古車における人気の色は、黒だという。
無難かつ、高級そうだというのが理由だろう。時代と車によっては黒より白の方が人気の場合もある。

気に入った車種があり、なおかつ金額を抑えたいと思うならば、
黒、白、その中間色であるグレーもしくはシルバー以外の色が、人気が分散されて安くなる傾向があり狙い目だ。

色で選ぶ

安く中古車を手に入れたいならば

9月 23rd, 2013

とにかく安く車を手に入れたいと思うならば、一つの傾向があることを知っておこう。
中古車の価格というものは、とても簡単に時勢と人気に左右される。
人気の高い車があれば、少し待てばそれらが中古車市場に出回る確率が増えるのだ。

メーカーが新しい車を出した時も狙い目の一つだ。
少しでも古くなれば、買い換えようとする人たちによって前の型のものが売りに出される。
市場に同じ車が多く出回れば、それだけ安くなるのは当たり前だろう。

人気が高ければ高いほど、中古車として出回る可能性も高くなる。
ハイブリッドや電気自動車を今手に入れようとすると難しい。
新車ならば躊躇するほどに高いし、何より人気過ぎて手に入れることが難しいものもある。

どうしても欲しいと思うならば、なおさら落ち着いて待ってみよう。
自動車メーカーは定期的に、新しい機能を搭載した新型を発表する。
大体の場合、新型の自動車とはいえ、大元の骨格事態を中々変えることが難しいのが、
自動車の鉄則でもある。骨格部分の開発には時間と金が掛かる。
焦らず待てば、意外に良いものが中古に出回る機会があるのだ。

中古車をお安く

絶大な人気を誇る中古車とは

9月 16th, 2013

中古車を買おうとサイトを見ていると、驚くべき光景を見ることが出来るだろう。
中古車なのに、下手な新車よりも断然高い。そんなものが市場の至る所にごろごろと存在している。

車というものは、実は人気に左右される。それも、ブームでは片付けられないものもある。
古き良きクラシックカーには根強いファンが存在し、所有しているだけでかなりの金額がかかるというのに、
市場から淘汰されることなく、売りに出されるとすぐに買い手がつくほどの人気ぶりを発揮する。

車を、自分を飾る一つのファッションとして考えている人もいる。
外国メーカーの車やスポーツカーがわかりやすい例だろう。
新車で買うとなると、途方もない金額が必要になってしまうが、中古車ならば比較的手に入れ安い。
誰もが知っている有名なメーカーのものならば、自慢にもなる。

そういった車を購入する場合は、維持費を惜しまないだけの覚悟が必要になる。
古い車ほどデリケートで、部品も手に入りにくい。
それでも、苦労して手に入れ、世話をして眺めるだけでも至上の喜びに浸ることができる、
それがクラシックカーの醍醐味だ。

クラシックカー

中古車の情報は簡単に手に入る

9月 13th, 2013

いざ中古車を買おうとすると、とたんに足が竦むのではないだろうか。
どこに行けば買える?どうやって買えばいい?その疑問は、実は簡単に解消できる。

現在はインターネットが発達している情報化社会だ。
どんな情報でも素早く簡単に手に入れることができるようになっている。
もちろん、目指す中古車の情報も、検索エンジンに単語を入力して検索する手間さえ惜しまなければ、
今すぐにでもたくさんの車の情報を見ることが出来る。

専門の業者を通して車を手に入れるのは、今も昔も変わらない。
だが、インターネットのおかげで、昔よりずっと身近な存在になっていることは事実だろう。

中古車専門のショップサイトを開けば、ありとあらゆる車の情報を目にすることができる。
車の情報は自動車公正取引議会で予め決められているから、
サイトにはずらりと読み進めることが大変なほど詳細な車の情報が並ぶ。
カラーで車の写真が載せられているから、どんな車か程度ならば想像してみることも可能だ。

買う前にあれこれと悩む手段があることは、とてもありがたい。
中古車の情報を検索しよう

夢を叶える道具、中古車

9月 10th, 2013

車を持つというのは、一つの『夢』だろう。

車があれば、渋滞という柵があるものの、様々なところに行くことができるし、
ステータスの一つとしてとられることもある。
人によっては持ち主の経済状況を見るモノサシとして車を見る人もいるだろう。

しかし、愛車というものは簡単に手にできるものではないことも確かだ。

一番は金銭的な理由で、恐らくこれが大部分を占める。
新車を購入すれば自分の思い通りの愛車を手に入れることができるだろうが、
良いものをといえば際限なく、キリがない。
車がモノサシとして考えられるのは、もっともな理由だろう。

新車が無理ならば、中古車はどうだろう。
他人が乗っていたものは嫌だ、すぐ壊れるかもという心配があるかもしれないが、実はあまり意味がない。
数度しか乗っていないような新車同様のものも、自動車会社から新品のものを買わなければ、中古車である。

買った本人がひけらかさなければ、よほど親しい人たちでなければ見破ることは困難だ。
中古車は一つの手段であり、金銭的な問題を簡単に解決してくれるアイテムではないだろうか。
いろんな中古車