中古車を買う時にはチェックが大事!

1月 22nd, 2015

“新車を買う時と、中古車を買う時では微妙にチェックする点が変わってくるものです。

新車の場合は、もちろんタイヤやエンジンなどがすべて新品で整備された状態で販売されています。その反対に、中古車の場合にはタイヤの摩耗具合や走行距離がどれだけあるのか、今までどれくらい使われて、どれくらい消耗してきた車なのかが車によってすべて変わってきます。困ってしまうのは、外から見ただけでは価格が適正なのかどうか判断付きかねることがあることでしょう。

中古車を専門で販売している店舗側でも、当然ですが、一から百までどのように使われたのかを確認することは現実的に考えて難しいことですから、どれくらい丁寧にチェックされているのか、販売員や店舗がきちんと信用できるかどうか、買った後の保証はどうなのかなども確認しておくと良いでしょう。

また、出来れば車を見に行く時間帯や天気も気にしましょう。なるべくなら、天気の良い晴れた日の明るい時間に見に行って、少し離れた場所からしっかりと傷がないかなど、中古車をよく確認して買うことをおススメします。”

過去のこだわりや思いで

1月 7th, 2015

“車を買う時にチェックする点はいくつかあると思いますが、自分自身の中で譲れないこだわりなどがある場合には、その譲れない点を自分自身の整理しておくことをおススメします。

このこだわりは人によって様々で、知人は特にスポーツカーが大好きで色や年式とこれがいい!というものが決まっていました。1980年代や1990年代のスポーツカーが欲しかったそうで、中古車販売の展示場をいくつもまわったのだそうです。彼が言うには、最近の車とは形が全然違うそうで、それに憧れを抱いてしまうのだとか。古めの洋画も好きだそうで、洋画に出てきたような中古車を展示場で見つけると、とにかくテンションが上がってしまって、その後何日間は同じ話題ばっかりになります。

中古車ですから、メンテナンスは必要ですし、信頼のおけるディーラーさんを探す手間もありますが、それ以上に中古でしか見つけられない車と出会えた時の喜びというものも素敵なものです。もちろん、そこまで古いものでなく、こだわりも強いものでないとしても、CMで見かけて良いな、と思っていた車を中古車で安く手に入れられたら嬉しいことです。”

ロマンのカタチ

12月 22nd, 2014

“小さい頃っていろんなものに憧れていました。ヒーローものや戦隊もの、ロボットだったりレースだったり。近くに住んでたお兄さんやおじさんが乗ってる車やバイクに憧れたりもしました。昔に見たり聞いたり憧れたりしたものってなんであんなに強烈な印象が残るんでしょうね。

大きくなって免許を取った後、初めて車を買おうとしたときにも憧れは強烈に残っていて、迷わずに中古車のスポーツカーを探してしまっていました。

私にとって、車は乗り物であると同時に、ロマンや憧れを形にしたものであると思いますがいかがでしょうか。そして、そんな憧れを実現しようと思えば、新車ではなく当然に中古車に足が向いてしまうものです。

結果としては、憧れていた車を手に入れた後、諸事情があり手放すことになってしまったのですが、それでも一度手に入れることが出来たあの実現の喜びは忘れられませんね。中古車は安いことが一番の魅力だとは思いますが、思い入れのある車を手に入れることが出来る、魅力的な方法でもあると、私は思っています。”

なんといっても安いんです

12月 7th, 2014

“中古車の魅力は何と言っても一番は価格が安い事、これに尽きます。新車が数百万と百万単位の価格であることに比べて、中古車は安いものであれば数十万円からとなっています。もちろん、中古車でも200万近いものもありますし、価格は千差万別でありますが、それでも同じようなモデルで同じ予算で買おうとするのであれば、1ランク上の車を手に入れることが出来るでしょう。カーナビなども最新のものを買えるくらいに余りが出ることもあるかもしれません。

安い分、欲しいときに手に入れやすくなっている、という点もメリットとして挙げられるでしょう。それだけ、欲しい車を手に入れるための頭金が低く済みますから、自分の欲しい、という気持ちに正直になりやすいですね。ただ一つ、注意点も。安ければ安いほどいいというわけではなく、安い分走行距離が大きかったり、古い年式だった、ということもあるでしょう。

安価ですし、手の届きやすい位置にはありますが、衝動買いには十分注意して、安く、お得に、かつ自分の好みの中古車を手に入れてくださいね!”

車を購入する方法の一つ

11月 22nd, 2014

“今、車をもう一台買おうと考えている方がこの記事を見てくださっているのであれば、個人的には中古車がおススメです。理由は三つあります。

私自身も新車を買ったことが無く、ずっと中古車を利用していますが、特に、問題などが起きていないことがまず一点目、次に、価格がとにかく安い事。新車はナンバープレートを付けたかどうかで値段が大きく下がってしまうので、その下がった後がねらい目だと言えるでしょう。

そして3つ目ですが、選択肢が多いことを上げたいと思います。パソコンなどもそうですが、新しいもの、というのは最新の商品しか取り扱わないことがほとんどなので、自分がこの価格までなら、と思う予算と車種を決めると、かなり選択肢が狭まってしまうんですね。その点で、中古車だと型落ちモデルも販売されていますから選び放題と言えます。

逆に、車ごとに走行距離や前所有者の付けたオプションがあったりなかったりと個性だらけで、同じ車でもどっちにしたらいいんだろう、なんてことが起きることもあるかもしれませんが。”

買い換え時の選択肢

11月 7th, 2014

“車を買い換える際の理由はいくつかある事かと思います。例えば、別の車が欲しくなった、今使っている車が廃車になってしまった、生活スタイルが変わって別の車種に買い換える必要が出来た、などです。

その時の選択肢としては新車を買うか、中古車を買うかのどちらかがメジャーではないでしょうか。
新車ならだれも使ったことがないことがないことと、ピカピカなこと、新しい技術などが利用されていることが利点ですね。

そして中古車であれば、なんと言っても安いことが魅力でしょう。新車でオプションを付けていくと、オプション料が高くなってしまって諦めないといけない時もあるでしょうが、中古車であればすでにオプションを付けた状態で販売されていたりもします。また、新車ではちょっと手が出ない……と予算オーバーで諦めてしまうようなシリーズの車が買えるかもしれないことも魅力的ですよね。

どちらも一長一短ではありますが、安く手に入れて、自分の好みの飾りだったりハンドルカバーなどをカスタマイズしたりするのも面白そうです。”

これが中古車のいいところ

1月 16th, 2014

新車とは違う、中古車のいいところは、やはり少ない資金で車を手に入れることが出来るの一言に尽きるだろう。
人気のある車も、そうでないものも、外車であっても、確実に新車よりも安く手に入れることが出来る。

特に、あまり人気のない車種は、お買い得と呼べる金額まで下がっていることがほとんどだ。
どんな車であっても、新車の場合、値引きはされにくい。
中古車の場合は販売店も売り切ってしまわないといけないため、大幅な値引きがされることがあるためだ。
とりあえず、車であれば特に車種は気にしないというのであれば損は無い。

また、購入時にあまりお金をかけないため、簡単に買い換えることもできる。
子どもの成長や家族の人数に合わせた車を希望する場合は、新車ではよくよく考えて購入するところ、
中古車であればその時々に対応する車に乗ることが出来るし、手放す時も中古だからと踏ん切りが付きやすいだろう。

たくさんのメーカーの車に乗ってみたいという人にもオススメだ。
最終的な愛車を決めるための手段として、安く手に入る車で試してみるといいだろう。

中古車のよいところ

中古車を買って後悔しないために

12月 26th, 2013

試乗しよう中古車といえど、動かなければ車として意味はない。
買って後悔しないために、必ず試乗してみるのがオススメだ。

新車を売る販売店でも試乗ができることが、一番の売りにしているところがあるぐらいだから、
道路での試乗できることは特別なサービスの一環として位置づけられている。
中古車の場合、試乗はおろか、動かすなんて以ての外という販売店は少なくないだろう。

それでも、計器はちゃんと動くかを確認していなければ、買ってすぐ愛車は整備工場へ、ということになりかねない。
エンジンをかけさせて貰い、とりあえずボタン類が全て動くかぐらいは確認させて貰おう。
車についての知識が無い場合は、エンジン音などを販売員と一緒に確認するのもいいだろう。

運転席の座り心地も大切だ。ストレスなく運転できるかは人それぞれで、いくら人にいいと言われても、
いくら有名な車であっても、全ての人が最高の乗り心地であることはまずない。
もし、ファミリーカーとしての購入を希望するのならば、面倒がらず家族にも試乗して貰おう。
いざ買って、「こんなの嫌だ」と言われてしまうと、この先ずっと不評のまま車に乗るはめになってしまう。

試乗しよう

中古車を買うための諸経費

11月 14th, 2013

車を購入する時に様々な手続きや雑多な契約金が必要になるのは、新車も中古車も変わらない。
車庫を持っていなければ車自体手に入れることは出来ないし、自動車税やら自賠責保険やら、
車を運転する上での様々な経費が購入時に上乗せされるのが一般的だ。
その上で、購入費やそれにかかる消費税、車の名義を書き換えるための登録費用、整備費などがある。
表示されている金額だけで車を買うことは出来ないことを知っておこう。

中古車と新車との一番の違いは、値引き交渉が意外にしやすいということだろう。
新車では元々の値段から中々下げて貰うことは難しく、オプションで付いてくるものを削って、値段交渉をする場合が多い。
中古車の場合は、買取りや下取りなど仕入れ価格が比較的低いものならば、いくらでも値段交渉の余地がある。

それでも中々買い手の思うように値段を下げてもらえないのは、どんな商売でも同じ。
希望価格を言うだけはタダ。気軽に販売員に値段が下げられないかを聞いてみてもいいだろう。
値切り交渉は販売員との信頼関係上に成り立つことが多いので、あまり無理は禁物だ。
値切り交渉

中古車を買う時の注意事項

10月 30th, 2013

車のへこみなどには注意!中古車を購入する際には、もちろん注意すべき点というものがある。

まずは、ボディの確認ですが、サビは浮いていないか、へこみや傷はないかという外見的なものだけでなく、
きちんと全てのドア類がきちんと開くか、開閉時に変な音がしないかという細かなところも見るべきである。
もっと細かく言えば、窓などガラス周りのゴムの劣化も見ておくべきだろう。
ガラス周りに関しては雨に遭ってみなければ、雨漏りなどの不備に気付きにくい。

表示されている情報だけで判断するのは危険だ。
少ない走行距離だからといって、タイヤをはじめとした足回りや、エンジンなどの動力が動く状態でなければ、
安く買ったとしても整備に余計にお金がかかることになってしまう。
整備がいつ行われるかは、表示されている情報に書かれていることが多い。
既に整備しているのか、買ってから整備しなければならないかを必ず確認しよう。

どんなに信頼できる販売店であっても、口約束はせず、一筆書いて貰うようにする。
表示している中古車の情報を携帯のカメラにでも収めておくといいだろう。後で揉めることは少なくなる。